SEXで女性を虜にする♡5つのテクニック

七海の旦那の竜太は、優しくて良い人♡

喧嘩もなく、穏やかな日々で

感謝しています♡

 

でも、1つだけ不満が…

あんまりセックスが上手ではないのです。

女性が本当に、虜になるSEXについて

七海が教えちゃいます♡

 

優しすぎるHより激しくてエロいセックス♡

Hに対する女の本音を知り、Hのテクニックの

レベルを上げちゃいましょう(*´∇`*)♪

 

知らないとヤバい?Hに対する女の本音

【ポイント1  焦らす】

 

焦らすと感度が上がるので

女性をイカせるために必要です♡

それじゃあ、具体的にどう焦らせば

いいの?と疑問を持つ人もいると

思いますので、丁寧に教えちゃいますよ♡

 

・背中を舐める

 

背中を舐めたりキスしたりする

かなり感じます♡

女性は感じて、体をくねくねしちゃいます♡

 

これは、おっぱいを舐めてほしかったり

背中にキスされる快感で、一気に

エッチな気持ちになるからです♡

 

女性がHな気持ちになることは

とっても重要で、いきなり胸を

揉むよりも、背中から…を試して

みて下さいね♡

 

・乳首をさわらずに焦らす

 

背中を愛撫した後は、胸をキスをしたり

舐めたりしましょう♡

実は、おっぱいって揉んでもあまり

気持ち良くないのです。

 

強くおっぱいを揉みしだく人が

いますが、あれはNG。

じゃあ、どうしたら気持ちが良いの?

それは…やっぱり焦らすこと♡

 

おっぱいを、指でなぞったりキスを

したり、舐めたり…でも乳首には

まだ触れません♡

 

女性は、乳首を刺激されたくて

首をふったり、胸を高く上げるような

ポーズをとったり、泣きそうな顔に

なります。

 

さんざん焦らしてから、乳首を刺激する

それだけでも、イキそうになって

しまうものです♡

BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

【ポイント2  せめる♡】

 

次は、せめるポイントです♡

女性は、じわじわせめられると

どんどん感じてきます♡

 

・身体の先端

 

意外に感じるかもしれませんが

身体の末端ってかなり感じます♡

指先を舐めたり足の指を口に含んだり

すると、おまんこが濡れちゃうのです♡

 

舌の先も感じるので、「舌を出して」と

言い、舌先を舐めるのも最高です♡

 

・クリトリスの触り方

 

クリトリスの触り方で、安心なのは

クリトリスを横(左右)からつまんで

指をうごかすこと♡

 

クリトリスの先端は刺激が強くて

痛く感じる女の子もいるので、

気を付けましょう♡

 

クリトリスの大きさは個人差が

ありますので、つまめない小さな

人もいます。

 

愛液を指につけて、そーっと優しく

クリトリス全体に指を動かします♡

優しくヌルヌル擦り続けると、たいていの

女の子はイッてしまいますよ♡

 

クリトリスを舐めても気持ちが良いですが

恥ずかしくて、集中できなくなる

女性も多いと思います。

 

指を1本膣に挿入しながら、クリトリスを

触ると、気持ち良すぎて悶えちゃいます♡

 

・指マンの仕方

 

おまんこに指を入れて、ガンガンピストン

するのは、実は嫌いな女性が多いです。

指マンのコツは、1~2本の指を入れて

くいくいっと指を曲げること♡

 

すると、気持ちい場所(Gスポット)が

刺激されて、イッちゃいますよ♡

 

 

【ポイント3 自由を奪う】

 

自由を奪った状態で、エッチなことを

すると、感度が上がります(*´∇`*)♪

手をおさえて、乳首を舐める

感じちゃいますね♡

 

手を縛ったり、目隠しをするのも

おすすめです♡

これは、信頼関係ができてからじゃ

ないと、怖がる女の子もいるので

注意ですよ♪

 

逃げることができない状態

気持ち良くされるシチュエーション

興奮する女性は多いです♡

BookLiveコミック【AC】ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?※スマホ専用

【ポイント4 卑猥な言葉】

 

ちょっとエロい言葉を言わせるのも

おすすめです♡

多くの女性が「ちんぽ」と「おまんこ」は

言ったことないでしょう。

 

女性にとって恥ずかしくて

タブーな言葉を言わせてみる

興奮します!

焦らすテクニックと一緒に使う

良いですよ♡

 

お願い、もう入れて…♡」と

女性が言ったら、「なにを?」と

誘導していきます。

 

ちんぽを、おまんこに入れて♡」と

言葉にできたら、あなたの太いちんぽを

挿入してあげましょうね♡

 

また、ちんぽを挿入して女性が感じて

いるときわざと動きをストップ

させることもおすすめ♡

 

男性は、少し休めますし

女性は、もっと動いてほしいのに…と

焦らされている気分になります。

 

このときに「もっとちんぽで突いて」と

お願いさせるのも良いですね♡

 

それに、もしかしたら女性の方から

お尻や腰をふって、貴方を攻めてくる

かもしれません♡

 

イキたいスイッチが入った女性

エロエロですからね~♡

 

エロい女だな」と羞恥心を煽るのも

効果的です(*´∇`*)♪

あと、「可愛い」「好き♡」「きれい

こんな言葉も、言われると喜ぶ

女性が多いですよ♡

BookLiveコミック【AC】ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?※スマホ専用

【ポイント5 意地悪をする】

 

ちょっと上級編になるかもしれませんが

意地悪なことをされることに

喜びを感じる女性もいます♡

 

・お尻を叩く(スパンキング)

 

お尻を叩くと言うとSMというか

暴力的な印象を持つ方もいるかも

しれませんが、おすすめです♪

 

実際にお尻は叩いてもあまり

痛くない部位なのです。

痛みに鈍い部位ですので、

パンパンと叩いても、大丈夫。

 

もちろん、相手が嫌がるならやめた

ほうが良いですが、お尻を叩かれながら

ピストンされると感じます♡

 

しかも、おまんこが締まって

男性も気持ちが良いのですよ(*´∇`*)♪

 

・何度もイカせる

 

女性は、イクと「もうダメ!いやん♡」とか

言いますが、ダメじゃないので

何度もイカせて良いです♡

 

イカされて、どんどんイッても

まだやめてくれない…という状態に

なると、貴方の虜になるでしょう。

 

ちょっと意地悪をすると良いという

のには理由があり、女性がどんどん

エロくなっていきます。

 

何度も気持ちよくされた女性は

男性も気持ちよくさせたいと

逆転して攻めてくることも♡

 

騎乗位で、女性に精子を搾り取られる

ようになりますよ♡

 

貴方が、「もうダメ!イキそう!

って叫んでも、「ガマンしなさい。」と

女性がドSになって、腰を動かしてきたり…

 

何度も勃起させられて、女性が

貴方をレイプするようにSEX

してきたり…♡

 

たくさん女性に意地悪をすると

エッチな反撃をしてくることが

増えるでしょう♡

 

女性をイカしまくると、男性も

同じようにイカされまくる日が

くると思います♡

BookLiveコミック【AC】電車でスヤスヤ眠る子に※スマホ専用

【NGなこと】

 

5つのポイントをお伝えして

きましたが、NGなこともあります。

これはとても大切なことです。

 

エッチが台無しになるかもしれないので

気を付けて下さいね♡

 

・顔射やお掃除フェラ

 

実は、顔に精子をかけられるのって

女は嫌いです。

髪についたら、なかなか取れないし…

 

お掃除フェラも、好きな女性は

いないのでは…?

精子を飲んでほしいというのも

おすすめできません。

 

口の中にドピュ―ッとしたら

ティッシュを渡し口の中の

精液を出しても良いと伝えましょう。

 

 

・質問する

 

気持ち良い?

挿入して良い?

…と質問ばかりするのはNG。

 

でも、経験が少なくて不安な場合

許されることも(*´∇`*)♪

最初に女性に、伝えてお互いに

優しい気持ちでセックスする

良いですね。

 

・不潔である

 

爪をちゃんと切る、口臭や体臭に

気を付けて、清潔であること。

 

エロ漫画では、くさいチンポを

舐めさせる描写がありますが、女性が

好きなのは、クリーンなちんぽです(*´∇`*)

 

・胸が感じない人もいる

 

生理前で乳首が痛いことも

ありますし、そもそもおっぱいは

感じないという女性もいます。

 

乳首を触って痛がったり嫌がる場合は

しつこく触らないほうが良いです♡

おっぱいを握りつぶすように揉むのは

痛いので、おすすめしません。

 

 

 

いかがでしたか?

女性が虜になるSEXのイメージが

掴めたでしょうか?

 

これからは、貴方のセックスで女性を

メロメロにできますね(*´∇`*)♡

 

セックスのテクニックを解説して

いきましたが、実は…「焦らす」や

せめる」など、のポイント女性が

男性にしてあげても喜ばれます♡

 

(金玉を舐めるのも喜ばれますよ♡)

 

この記事を読んでいるあなたが、女性なら

ぜひ、彼をいっぱい気持ち良くして

あげてくださいね~(*´∇`*)♪

BookLiveコミック【肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは】※スマホ専用

関連記事

関連記事がありません。